PMS サプリ

PMS(月経前症候群)の症状は人によってさまざま。その症状が200種以上とも言われる月経前症候群PMSサプリで防ぐ方法をご紹介。それぞれ症状別の対策などをお伝えしていきます。

PMS サプリ > PMSサプリを利用してPMS(月経前症候群)を治そう

PMS(月経前症候群)の症状は人によってさまざま。その症状が200種以上とも言われる月経前症候群PMSサプリで防ぐ方法をご紹介。それぞれ症状別の対策などをお伝えしていきます。

PMS(月経前症候群)とは

PMS(月経前症候群)は月経前1週間ほどの間に起こる女性の不調で8割もの女性に症状がでてくる可能性があります。生理がはじまると同時にPMSの症状が軽くなることがありますがこれは多くのの女性に共通したパターン。PMSの原因の一つは月経中のエストロゲンとプロゲステロンの不均衡です。両者の濃度の急激な変化で体調不良を起こすようになり、その症状は20代から30代の女性に多く見られる傾向があります。

 いつもイライラしていてつい人に辛く当たってしまう
 かってに涙がでてくる
 急に不安感にさいなまれ気分が落ち込むことがある
 肌荒れがひどい
 なかなか寝付けない

このような症状があればPMSを疑ってみてください。PMSへの対処法は症状を緩和することで根本的な対処法というのは今のところありません。簡単な例としては塩分を減らすなどの対処法が挙げられます。体内への塩分を控えることでむくみが無くなるなどの緩和をおこなうことができますし、PMSサプリを利用するのもいいでしょう。

軽度の場合ならサプリメントで対処することができますが、中度、重度の症状の場合は抗うつ剤を使うなどの対処が必要となってきます。自分の身体に出ている症状をよく把握して症状が思いようなら病院で診察してもらったほうがいいでしょう。

PMS(月経前症候群)の対処法



PMSの対処法についていくつかご紹介していきます。この中で一つでも良い対処法をみつけていただければと思います。

 鎮痛剤を服用
鎮痛剤をを服用してPMSを抑えるというのも一つの方法です。飲みすぎて効果が無くなるということはありませんが、鎮静剤は飲むタイミングが重要。痛みが出はじめた段階で鎮痛剤を飲むことをおすすめします。

 腰やお腹を温める
冷え性はPMSの大敵。下着に気を使って保温性の高い下着、小さなカイロなどを用いてお腹や腰を温めるようにしましょう。夏は室内の冷房に注意。身体のサイズに合わない洋服もいけません。血流を妨げないような服装を心がけます。

 体内を冷やさない
夏などは冷たいジュースやアイスクリームなどを取っていると身体の中から冷えていってしまいます。身体を冷やす食べ物を控え飲み物は生姜湯など身体の中から温めることができるものをとりましょう。

 ゆっくり入浴
入浴によって身体を芯から温めることはPMSによってとても効果があるものです。イライラを鎮める効果を期待できますし、血液の循環を促進していきます。湯船からあがる時は急激な気温の変化に経血が流れ出る恐れもありますから注意してください。

 無理をしない
いつでも頑張らなければならない、やる気がなくても元気に見せなければいけないなどと思ってはいけません。症状がひどい時はむりをせず、心や身体を安静にするように心がけるようにしましょう。