PMS サプリ

プレフェミンは国内で初めて認められたPMS用の治療薬。有効成分のチェストベリーを医薬品レベルの40mg含んでいます。プレフェミンの成分、効果、副作用などについてお伝えしていきます。

PMS サプリ > PMS専用の治療薬「プレフェミン」

プレフェミンは国内で初めて認められたPMS用の治療薬。有効成分のチェストベリーを医薬品レベルの40mg含んでいます。プレフェミンの成分、効果、副作用などについてお伝えしていきます。

プレフェミンの効果について


PMS専用の治療薬として認められたプレフェミン。チェストベリーを医薬品レベルの40mgも配合しています。プレフェミンについてはいろんな噂があり、その噂が先走りしている感もありますので、実際の効果や副作用などについてご紹介してみます。

プレフェミンの効果については臨床試験のデータから知ることができます。PMSに悩んでいる女性への臨床データでは改善の兆しが見られた方が約90%。それだけプレフェミンに含まれる成分の効果は期待できるようです。




プレフェミンの詳細
 
有効成分 チェストベリー乾燥エキス
内容量 30錠
価格 1,890円
1日あたりの目安 1錠
1袋あたりの期間 約1ヶ月
1粒あたりの値段 60円
販売元 ゼリア新薬

プレフェミンの注意点


プレフェミンを服用する際には3つのことに注意する必要があります。

 3ヶ月以上の服用は医師に相談してから

プレフェミンの説明書には「3ヶ月以上服用を続けていく場合は定期的に医師に相談してください」と書かれています。お医者さんに診てもらう理由は他の病気にかかっていないか確認するためで、どうしても医者に相談できないという方は他のチェストベリー配合のサプリメントに切り替えてもいいでしょう。

 漢方薬やピルとの併用は厳禁

プレフェミンの効果が高い理由はホルモンバランスに働きかける成分を使用しているからで、ピルのようなホルモンに働きかける薬、婦人系の症状緩和に関する漢方薬を処方されている方は同時に摂取することは避けてください。プレフェミンと一緒に飲んではいけない漢方薬には加味逍遥散当帰芍薬散桂枝茯苓丸桃核承気湯があります。

 プレフェミンを服用できない人

妊娠中・授乳中の方、乳房の痛み・張りがある方はプレフェミンを服用してはいけません。プレフェミンはホルモンバランスに影響を与えるので妊娠中の方は摂取できませんし、チェストベリーへのアレルギーがある方もだめ。乳房に張り・痛みがある方は乳がんなどの可能性があるので念のため摂取することはひかえたほうがいいでしょう。

 

プレフェミンの副作用にはPMSの症状が強くなったり、月経周期の乱れ、発疹・かゆみなどの目に見える症状がありますが、これらの症状が見られた場合はすぐに使用を中止してお医者さんに相談してください。